私がリビングでウトウトしていたら「・・・シャム子?」と、猫と戯れていた夫が猫の名を呼んだ

0pt   2019-01-12 19:30
〓 ねこメモ 〓

334:本当にあった怖い名無し2019/01/10(木) 20:04:41.85 ID:nt44isP20.net 文章力ないし落ちもないのですがふと思い出したので
去年の8月、お盆を少し過ぎた頃の話

私がリビングでウトウトしていたら「・・・シャム子?」と猫と戯れていた夫が猫の名を呼んだ
今うちにいる子達はみけこ・みけおや・ちゃしろ・さばしろの4匹
シャム子は今の子達が来る前に旅立ってしまっているから名前を呼び間違えたのかと思い、
ボーっとしながら、でも久々に聞くその名前を呼んだ感覚が気になり夫の方を見ると
階段下を気にしながら耳を澄まして何かを伺っている様子

私「…何?どうしたの?」
夫「シャム子がいる」
私「は?え?どこ?…え?なんで?」
夫「多分階段の下に行った 降りる音がした」
私「え、誰か降りて行ったんじゃないの?1,2・・・3,4匹いるね…気のせいじゃなくて?」
夫「ん~…聞き間違えかな でも窓際のいつも居た所にいると思う、多分 でも聞き間違いかもしれな

 トンッ トンッ トンッ トンッ

私・夫「「 !? 聞こえたよね? 」」
私「いるね……シャム子だ…シャム子の音だ」

そこからしばらく耳を澄ましていたけれど、もう何も聞こえず
切ないけれどちょっと嬉しいような、貴重な体験

シャム子さん、だーいすきだよー
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5480043&name
   ねこあんてなトップページへ
猫の話題が沢山。